目尻切開のダウンタイム時の眼帯

たった数十分でできる美容整形が人気になっていますが色々な部分で簡単な美容整形ができ、日本人のコンプレックスでもある目元というのもできます。目が切れ長になっている人にオススメなコースに目尻切開のコースがありますが、このコースでは目尻部分を切開しますのでどうしても施術後のダウンタイムでは目尻に赤い腫れが出てしまいます。目元が腫れてしまうとサングラスをかけないと隠すことはできないので、片方の目の施術をしてからダウンタイムのときに眼帯をして腫れが引くのを待ってから片方の施術をすることもできます。これであれば仕事をしている人でも片方の目を眼帯をしながら目尻切開することで、他の人にばれずに美容整形をすることもできるようになります。このように美容外科クリニックではダウンタイム時に眼帯を貸してもらうことができます。

目尻切開でダウンタイムにする事

目元の美容整形はとても人気がありますのでする人が多いですが、目元の美容整形は施術をしたあとのことを考えなくてはいけないリスクもあります。それは美容整形の施術のあとにあるダウンタイムのことになり、目尻切開のように小さい施術でも目元を切開する施術になるので赤く腫れてしまうことは避けることができません。目尻切開のコースでも少しの切開にはなりますが腫れてしまうダウンタイムがありますので、施術後には必ずするべきことがありそれをすることで早く腫れを引かせることができるメリットがあります。それが目元をアイシングをするということになりますので、目尻切開をして目元が腫れている部分を氷などで冷やすアイシングをしなくてはなりません。またアイシングをするときにはそのまま氷をあてるのではなく、タオルなどにくるんであてることが大事です。

温めてはいけない目尻切開のダウンタイム

ダウンタイムと言う言葉はよく美容整形をする美容外科のサイトで見ることが多く、美容整形をしたあとに起こる顔や体の変化のことを言っています。美容整形をすればどんなに簡単なプチ整形でも注射やレーザー治療をすれば顔や体には変化が起き、肌が赤くなったり熱を持ったり腫れたり少し痛みがあるなど個人差にもよりますが必ず起こることになります。目尻切開でもメスで切開をしますので目が赤くなり腫れてしまうといった変化があり、多少の痛みというのも感じることがある美容整形になっています。また目尻切開をすると内出血を起こしてしまうので内出血には代謝を高めるのが良いといわれ、最初はしばらく赤く腫れたところをアイシングで冷やすようになります。代謝を高めるには腫れが引いたら温めると良いといわれますが、目尻切開をした後のダウンタイムはしてはいけません。