目尻切開のダウンタイムはどれぐらいの期間か

目元が少し変わるだけで顔の印象は大きく変化しますが、目尻切開もより切れ長にできる、下瞼を下げて優しい表情にできるなどで人気の高い施術です。そして、顔の美容整形の場合はやはり腫れや赤みなどがあるとかなり目立ってしまいますので、ダウンタイムがどのぐらいの期間あるのかもよく確認しておきましょう。個人差はあるものの、腫れは7日ぐらいで収まってくるとされていますし、内出血がある場合も1~2週間ぐらいで目立たなくなっていきます。カウンセリングの際にはどれぐらい腫れや内出血が続くのか確認しておくとより安心です。そして治療は短時間で行うことができますが、その後のケアが悪いとダウンタイムが長引いてしまうこともあります。長い入浴、激しい運動、喫煙や飲酒などは腫れや赤みを強くする傾向にありますので、簡単な治療であっても、施術後は安静に過ごすことも大事です。

目尻切開を受けた後のダウンタイムはどのくらい

目を大きく見せるための方法として、目尻切開があります。目尻の状態によっても効果は変わってきますが、目の印象が変わる可能性が高いです。メスを使う方法になりますので、ダウンタイムが必要です。たいてい一週間程度で抜糸が行われて、メイクなどができるようになります。もちろん、個人差があるので目の状態を医師に確認してもらい、適切に対応していけば問題ないです。二十分程度で終わるので、負担が少ない方法です。そのため、すぐに日常生活に戻ることができますが、手術が終わった当日は入浴などを行ってはいけません。ダウンタイムが比較的短いとはいえ、やってはいけないこともあるので、医師からの指示にはきちんと従わなければいけません。痛みが少ない目尻切開は、誰でも受けやすい整形手術の一つといえます。あわてて行う必要はありませんので、カウンセリングの際にしっかりと話をしてから決めても遅いことはないです。

目尻切開をしたときのダウンタイム

日本人に多い目の特徴に細い目元というのがありますので、細い目元はきつい印象になってしまうので女性の場合には意地悪な顔になります。そこで美容整形では目尻切開のコースというのがありますので、このコースでは目尻を少しだけ切開する方法になり目元を丸く大きくすることができます。美容整形には必ずあるのがダウンタイムになりますのでこの目尻切開のコースにもあり、大体施術後の二時間から三時間で麻酔が切れてきますので痛みが出てくるようになります。しかしこの痛みは少ないので痛みが気になるようであれば、美容クリニックから痛み止めを処方してもらうことができ痛みが気になるとときに飲めるようになっています。また施術の三日後くらいになれば施術のときの痛みはほとんどなくなっていますので、ダウンタイムの痛みはほんのわずかといえます。